THEマンズリ「ラスト少女に家で一人でするようにオナニーしてもらいました」

2012/9/3 | 円光社 | 【タグ】 オナニー, 目線無し, カラオケ店内, 中3, 制服, 白ソックス, 淫語

金額(税込): 1,000円 (税込)
商品名: THEマンズリ「ラスト少女に家で一人でするようにオナニーしてもらいました」
商品番号: 148325
ファイル名: the_manzuri01.mp4
ファイルサイズ: 291.39 MB
発売開始日: 2012/9/3


SNSで知り合ったՓ3の少女です。

事前のメールで最近オナニーを覚え、眠る前にいつもやっているということを聞いていました。

現在、歌手を夢見ているそうで、歌も非常にうまかったです。陸上部に所属し、現在はバージン。キスもまだという完全サラの少女でした。


このオナニー動画では、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」で規定される「児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう)」は一切映っていませんし、対象の供与も、一曲歌ってもらったことに対する謝礼を渡したのみで、性交類似行為であるオナニーの対価ではありませんので児童買春にはあたりません。


はじめは私の前でオナニーすることをためらった少女ですが、「自分の家で一人でする時のことを思い出して」と促すとすんなりマンズリ没頭しはじめました。

Փ3になってから覚えたという中指で円を描くクリ弄りですが、キャリアは1年以内の割になかなか堂にいったシゴき方を見せ、少しの時間だけ花柄子供パンツの上で指を遊ばせた後は、パンツの中に自ら侵入させてクチュ音を響かせてくれました。

さらに、これは強調しておきたいのですが、前述の児童ポルノ法、第二条の3の中に「この法律において「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、次の各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。」とあります。

つまり、この法において音声、いわゆる聴覚に訴え掛ける描写についての規定はありませんので、マンズリ中の「喘ぎ声」「クチュ音」「淫語」はすべて合法と解釈することができます。

そしてそのままイッてしまった少女。

Փ3の最後まで本気のオナニーをもしよろしければご覧下さい。

動画:20分44秒

映像はmpeg4形式になります。
映像に対するご質問はkachikachioka@gmail.comまでお気軽にご連絡ください。


この映像は日本国が定める法令に則った形で撮影されており、違法行為は一切ありません。
本文中の「Փ3」という表記ならびに映像内の「ちゅうさん」という呼称は「中産階級の家の娘」という弊社オリジナルの呼称であり、年齢を表す意味では用いられておりません。
被写体の年齢確認は確実に行っており、年齢確認書類のコピーも所持しています。