現役JK「工藤希です。将来は水城奈々さんみたいな歌える声優さんになりたいです」

2013/3/10 | 紹興酒 | 【タグ】 撮影会, 素人, 個人撮影, 制服, 素人, 援交, イタズラ, 悪戯, いたずら, パンチラ, オリジナル, 中出し, フェラチオ, 制服, 黒髪, 清純系, パイパン, 華奢, 十代, ぶっかけ, ごっくん, パンチラ, 逆さ撮り, 盗撮, しゃがみ

金額(税込): 1,800円 (税込)
商品名: 現役JK「工藤希です。将来は水城奈々さんみたいな歌える声優さんになりたいです」
商品番号: 155614
ファイル名: kudounozomi.zip
ファイルサイズ: 299.15 MB
発売開始日: 2013/3/10


本編には、希ちゃんの顔のモザイクはありません。
アニメ好きの女の子でも、可愛い子、最近、増えてきています。
昔は、アニオタ=ブスだったのですが、その図式は完璧に壊れ始めています。
JKなので、ギリギリからもう一歩踏み込みました。

私の主観で言えば、JKは立派なオトナです。
皆様もそう思われているはずです。
民主主義に則れば、多数決は正義です。
つまり、JKは大人となんら変わりないという意見は、法律と同じ力があると私は考えます。
とは言え、表面上は法治国家のJAPAN、ならば、私も、『表面上は』羊の皮を被っておこうではないですか。

オッパイ、性器、乳首、たとい、何が映ったところで、それは、海洋堂並のハイパークオリティフィュギュアなのです、これでオールOKです。
手マンであんあん喘いだとしても、それは、セクシーボイス&ロボなので、何ら問題はありません。
マクロスF好きの希ちゃんが、銀河の果てまでイっちゃっても、超時空要塞なのですから、大丈夫です。
リン・ミンメイだって、ランカ・リーだって、いや、アイドルと呼ばれる女の子は、ほとんどが10代なわけですから、問題ありません。
むしろ、旧態依然の日本国憲法から見直しを図るべきなのです。
いつまでも、GHQにお伺いを立てる必要はありません。

半裸も、いとをかしです。
全裸に剥いても、いとをかしです。
JKは文化です。
ジャパニーズ文化です。
世界遺産です。
他国に誇ってこそです。
私は、最前線(ギリギリのトコロ)で、戦い続けます。
JKが、世界のスタンダードとなる日まで、「赤とんぼ」の一節、姉やが15で嫁に行くのクダリを歌い続けます。
希ちゃんのこの作品は、その第一歩と考えています。

【収録内容】
WMVファイル 21:45
jpegファイル 23枚(3226×2419)

・法律、規約を遵守してます。
・二次使用、譲渡、転載、転売等は禁止です。
・出演者は身分証確認の上、18歳以上であることを、身分証にて確認済みです。